愛犬が咳をしていたら?止まらない原因はこれ

愛犬がむせるような咳をすることはありませんか?実は、犬が咳をする場合には、さまざまな病気の可能性が出てきます。もし咳が止まらないようなら、すぐに動物病院に連れていって原因を調べてもらいましょう。なかには、生命に危険が及ぶような病気もありますので、よく注意することが必要です。
愛犬に長生きして欲しい方は選んでください。→無添加ドッグフードランキングはこちら

犬が咳をする原因とは?

犬咳原因
愛犬が咳をし始めたら注意が必要です。もしかしたら、病気が原因になっているかもしれません。放っておくと生命が危険にさらされる場合もありますので、早めに獣医の元に連れていくのをおすすめします。
たとえば、肺などに寄生虫が住みついていたり、気管支炎などに感染することでもむせるような咳が出ることがよくあります。また、春先であれば、花粉などのアレルギーにより、咳が出てしまうこともあるようです。
その他にも、エサを誤飲することで肺や食道などに炎症が起きている場合もありますので、よく注意が必要です。

どのような病気が考えられるの?

犬咳どのような病気

犬の咳が止まらない場合、心臓に住みついた寄生虫の死骸が肺に溜まってしまう犬フィラリア症のような病気も考えられます。また、犬の喉に腫瘍や炎症が起こる咽頭口頭炎に感染している場合もあります。
また、心臓が拡大して器官を圧迫する心臓病や、流れが悪くなった血液が肺に溜まってしまう肺水腫のような病気が関係していることもあるでしょう。
このように、犬に咳の症状がある場合は、さまざまな病気にかかっている可能性が高くなりますので、すぐに動物病院に連れていくのをおすすめします。

咳の症状を見逃さないようにしよう

愛犬の咳の症状は、飼い主が見逃してはいけない病気のサインであることも多いです。特に、犬がむせるような咳をしている場合は要注意です。
病気に感染している可能性が高いですので、動物病院でよく原因を調べてもらうようにしましょう。単に、水を飲む時にむせて咳をすることもありますが、そのような場合は水の飲ませ方が悪いのかもしれませんので、やはり獣医に相談するのがおすすめです。